相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 学ぶ(コラム)
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

相続は難しいのか?

 「相続は難しい」という人が多いと思います。なぜかというと次から次へと聞いたこともない言葉ばかりのオンパレード。
 「被相続人っていったい誰よ」ってな感じではないですか?

1.法律用語ばかり
2.知らなきゃならないことが多すぎる
3.考えている内に頭の中がごちゃごちゃになっちゃった

 このサイトの講座では普通の人でも分かるように体系的に学べるように作りました。簡単なことと難しいことに分けて書いてあります。
 確かに、人間には様々な人がいるわけで、父親が行方不明になっている方や知らない人を養子にしていたなど。他のサイトをみてもわかるように様々なタイプの人のために書かれているためにQ&Aみたいなものばかりになってしまいます。
 でも、そのような人って、それ程いるとは思えないですよね。普通の人にとって相続というのは実はたいしたことではないのです。

 簡単に言うと相続は「親が死んだらやらなければいけない手続き」のことなんです。「うちは相続税がかかるほどお金がない」っていう人も「うちはたくさんお金があるから税金が心配」という人も相続をやることになります。相続が発生したとき、つまり親が死んでしまった時に何をすればいいのかというのが問題なのです。(お金持ちの場合は相続が発生する前というのも重要ですが)

 実は相続でやらなければならないのは4つの種類しかありません。
届け出 死んだことにより発生する社会的手続き
受け取る手続き 誰かが受け取る為の手続き
引き継ぐ手続き 誰かが引き継ぐ為の手続き
解約手続き 解約しなければいけない物の手続き
 この4つを普通「相続手続き」といいます。しかし手続きの方法だけ知っていても駄目です。先に話したようにどんな人でも相続の基本を学んでおかないと、法外なお金を請求されたり、騙されてしまったりすることもあります。(騙されている事を知らない人もたくさんいます)

 ただ手続きはそんなに簡単ではありません。

・カードの解約はどこに申し出たらよいか知ってますか?
(JCBとかVISAじゃありませんよ。「契約会社」です)
・解約しようと思ったら印鑑が無いとか違ってたらどうする?
・そもそも親の印鑑のある場所知ってます?
・銀行に「親が死んだので」といって親のハンコと通帳持って行ってもダメですよ。
・年金や保険の手続きの仕方って知ってます?
・小さい土地を兄弟でどうやって分けますか?

 普通の人は良く知らないはずです。だから早めに調べることは調べておかないとダメなんです。
 普通の人はこれだけでいいのですが、お金持ちになるとさらに大変。「うちはお金ないよ。土地は広いけどね」なんていう人は多いんですが、こういう人は自分がお金持ちだって言う感覚は無いだろうけど、世間一般から見れば立派な「お金持ち」なんです。
 手続きそのものは普通の人と変わりませんが、税金がドーンと掛かってしまったりするわけです。このあたりが普通の人より大変です。税金払うために土地を売ってお金を作ったり生命保険とか使って節税したり、もう大変。

 税金だから税理士に頼めばいいやというのも微妙ですね。人間には得手不得手というものがあります。短距離が早い陸上選手がマラソンも早いかっていうとそういうわけじゃない。税理士にも得手不得手があります。個人の所得税に強い税理士もいれば、お酒の税金「酒税」に強い人とか。収入印紙は俺に任せろ!(印紙税に強い)。

 一般的には、資産税に強い税理士が相続に強いとも言われてますが。あくまで税金だけの場合です。でも相続って税金だけじゃないんですよね。いろんなことが複雑に絡み合っているのが相続。そのひとつひとつにエキスパートが存在しています。不動産なら不動産鑑定士。行政の手続きなら行政書士。年金や保険なら社会保険労務士。親族でもめたら弁護士です。

 いろんな知識を複合的に持っている人。こういう人を相続の専門家といいます。お金持ちの人は、迷わずこういう人たちに相談することです。お金もかかりますが税金を支払うのとどっちがいいかというと総合的に見て専門家に相談することをお勧めします。