相続.co.jpは、相続・遺言・贈与など、相続に関連する情報を配信しています。
TOP > 譲る・分ける(相続人)
サイトメニュー
譲る・分ける
納める
遺す
備える
トラブル
知る
学ぶ
土地の適正評価をマスターする動画セミナー

相続WEB

相続のことなら専門家にご相談ください 相続プロフェッショナルデータファイル 相続の専門家をお探しの方はこちら!

相続人

  まず相続に関する登場人物を明らかにしなければなりません(相続人の確定)。
遺産分割協議をするためにも必要な情報で、相続人の1人でも欠いた遺産分割協議は無効となりますので念入りに調査しておくことが必要です。あとから、ひょっこり養子が名乗り出た。なんていうことは実際よくあることです。
相続人を確定する為には、被相続人が生まれてから亡くなるまでの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取寄せる必要があります。請求は本籍地の市町村役場の戸籍担当窓口に行い(郵送も可能)、原則、戸籍に記載されている人や直系親族などが行います。代理人が請求することもできますが、その場合は本人の委任状が必要になります。
遺言があれば、そこに指名された人が相続人になります。遺言が無い場合は、法律に基づいて相続人が決まります(法定相続)。法定相続人には、配偶者相続人と血族相続人の2種類があります。
血族相続人は子、直系尊属、兄弟姉妹の順に相続人となります。
相続人になれるのは配偶者(夫または妻)、子、直系尊属・兄弟姉妹のみで法人は相続人になれません。また全員が相続人になれるわけではなく、民法で相続できる順位を1位から3位まで定めています。配偶者は常に相続人になります。配偶者とは法律上、婚姻届を提出した者です。内縁関係は含まれません。